マイセン 【ワトーグリーン】 兼用C/S A

マイセン 【ワトーグリーン】 兼用C/S A

¥140,000税込
商品番号:
5ef5f22b3a719449
1-2営業日以内に発送予定
カートに入れる:

こちらの商品は即日出荷対応商品です。
※ご使用後のお客様都合による返品・交換はできません。

送料について
本商品の送料は無料です。

納期等について
2~3日間予定でのお届けです。
全国一律送料無料
※条件により送料が異なる場合があります
送料・配送方法の詳細 個人情報保護方針
URL送信


商品情報















アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

手描き本金彩(セーヴルでも 金彩は 銅版転写です)
フランス・ロココの大家 アントワーヌ・ワトー原画
ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 窓枠レリーフ エンツゥィーステッドハンドル

  安物 安いのは当たり前
良いもの安いのが アインさん




サイズ:カップ直径8.5cm高さ6cmソーサー直径13.5cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

アントワーヌ・ヴァトー(1684年 - 1721年)は、ロココ時代のフランスの画家。
18世紀のヨーロッパはロココの時代であり、前世紀のバロック様式に代わって、曲線的、装飾的で甘美なロココ様式が全盛となった。
絵画の主題においても歴史画や宗教画から、男女の愛の駆け引きを主題にした風俗画が目立つようになる。
「雅びな宴」(フェート・ギャラント)の画家と呼ばれるヴァトーは、若くして亡くなったが、18世紀フランスのロココ様式を代表する画家と見なされている。

手描き本金彩(セーヴルでも 金彩は 銅版転写です)
フランス・ロココの大家 アントワーヌ・ワトー原画
ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 窓枠レリーフ エンツゥィーステッドハンドル

  安物 安いのは当たり前
良いもの安いのが アインさん

セーヴルとしては フリット軟質磁器で シノワズリを追っても 中国は勿論 マイセンにも 勝ち目の無いのは 明らかです。
やがて時代は セーヴルの欧風ロココが シノワズリ・バロックのマイセンを旧となし 新潮流となっていきました。(結局 セーヴルは 捜し求めた カオリンを 1768年に リモージュ近郊の サン・イリョーで 発見するまで 硬質磁器を 焼成出来ませんでした)
マリアテレジアのウィーン窯も フランスロココの模倣から 独自のウィーン様式を確立し18世紀中葉には マイセンに代わり セーヴルと並んで  時代をリードしていきました。磁器において先行したアウグスト3世も 美術に造詣の深い王で 逸早く ロココの時代を予見しておりました。
1750年 3世は 娘マリア・ヨゼファが フランス王太子に嫁ぐ時 マイセンの贈り物を制作したケンドラーを 設置者名目で 偵察に出しました。
ケンドラーは ロココの資料を持ち帰り 模倣を始めるのですが それは遂に セーヴルを超える事はありませんでした。

錬金術師-4
ヨーロッパ諸窯で行われていた 焼き締め陶器を ガラス質のせっ器に変成し得たベトガー。
次こそは 磁器にとはやる彼に 王より 実験中止と ケーニヒシュタイン要塞への 避難命令が 発令されました。 
ポーランド王でもあった アウグストは スウェーデン王カール12世と 領有権をめぐり 戦争の渦中にありましたが,戦いに敗れ ザクセン本国へまで その侵攻を被る 羽目に陥っておりました。
錬金術への信奉 並々ならぬ カール12世から,ベトガーを とられまいとする為の 緊急避難命令でした。
それから1年 煉獄生活のすることのない 無聊に不慣れなベトガーは あてがわれる酒でも癒せない苦しみを 王に訴え 実験再開を求めました。アウグストは ポーランド王を退位し 政情の落ち着いたドレスデンの 乙女の砦 ユングフェルン(ドレスデン市民が恐れる 乙女の砦 には 鋼鉄の女と呼ばれる 鋭い剣の腕を 振り回し 人をバラバラに切り刻む機械が 暗い洞穴にあるとか 噂されておりました。宮廷で失寵した者が 目隠しをされ この機械にむかって歩かされ 切り刻まれた肉塊は まだ温もりも冷めやらぬまま 床の落し戸から エルベ川に 投下されるとか・・・こんな怖いところに ベトガーを移したのは 失敗は許さぬという 王の不退転の決意表明では・・・・)に 実験窯を新設し ベトガーを呼び戻しました。1707年9月のことでした・・・・・・・・

磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。
13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ
(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)
と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。
それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。
この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 
ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。
その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 
磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。

一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。
東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。
ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。
今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。